コンテンツ紹介
ジョークのページ
スパム日記
 スパムの傾向
 スパム対策
 スパム掲示板
信者のいない新興宗教
作者のページ
 Fuzita通信
 面白いサイト
 面白い言葉
 ずぼら家庭菜園
 ゴボウの花
 レタスの花

松野ライブラリー

技術資料
 主としてAAPTの年次講演会
アクセス公開
 ヒット数の経緯
  国別のアクセス数順位
  ブラウザのシェア
  検索エンジンのシェア
日本文化の紹介
和訳・日本文化の紹介
世界の文化(祭り)
世界各国のドメイン名
 世界の国名、国旗と由来
 国名で探す
 英字国名で探す
バリアフリーについて
面白いサイト
面白い言葉
私のウイルス予防方法
スパム紹介・ジョーク
 (私のスパム対策)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンテンツ紹介
ジョークのページ
スパム日記
 スパムの傾向
 スパム対策
 スパム掲示板
信者のいない新興宗教
作者のページ
 Fuzita通信
 面白いサイト
 面白い言葉
 ずぼら家庭菜園
 ゴボウの花
 レタスの花
 行き着かぬだんご屋

松野ライブラリー

技術資料
 主としてAAPTの年次講演会
アクセス公開
 ヒット数の経緯
  国別のアクセス数順位
  ブラウザのシェア
  検索エンジンのシェア
日本文化の紹介
和訳・日本文化の紹介
世界の文化(祭り)
世界各国のドメイン名
 世界の国名、国旗と由来
 国名で探す
 英字国名で探す
バリアフリーについて
面白いサイト
面白い言葉
私のウイルス予防方法
スパム紹介・ジョーク
 (私のスパム対策)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンテンツ紹介
ジョークのページ
スパム日記
 スパムの傾向
 スパム対策
 スパム掲示板
信者のいない新興宗教
作者のページ
 Fuzita通信
 面白いサイト
 面白い言葉
 ずぼら家庭菜園
 ゴボウの花
 レタスの花
 行き着かぬだんご屋

松野ライブラリー

技術資料
 主としてAAPTの年次講演会
アクセス公開
 ヒット数の経緯
  国別のアクセス数順位
  ブラウザのシェア
  検索エンジンのシェア
日本文化の紹介
和訳・日本文化の紹介
世界の文化(祭り)
世界各国のドメイン名
 世界の国名、国旗と由来
 国名で探す
 英字国名で探す
バリアフリーについて
面白いサイト
面白い言葉
私のウイルス予防方法
スパム紹介・ジョーク
 (私のスパム対策)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンテンツ紹介
ジョークのページ
スパム日記
 スパムの傾向
 スパム対策
 スパム掲示板
信者のいない新興宗教
作者のページ
 Fuzita通信
 面白いサイト
 面白い言葉
 ずぼら家庭菜園
 ゴボウの花
 レタスの花
 行き着かぬだんご屋

松野ライブラリー

技術資料
 主としてAAPTの年次講演会
アクセス公開
 ヒット数の経緯
  国別のアクセス数順位
  ブラウザのシェア
  検索エンジンのシェア
日本文化の紹介
和訳・日本文化の紹介
世界の文化(祭り)
世界各国のドメイン名
 世界の国名、国旗と由来
 国名で探す
 英字国名で探す
バリアフリーについて
面白いサイト
面白い言葉
私のウイルス予防方法
スパム紹介・ジョーク
 (私のスパム対策)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンテンツ紹介
ジョークのページ
スパム日記
 スパムの傾向
 スパム対策
 スパム掲示板
信者のいない新興宗教
作者のページ
 Fuzita通信
 面白いサイト
 面白い言葉
 ずぼら家庭菜園
 ゴボウの花
 レタスの花
 行き着かぬだんご屋

松野ライブラリー

技術資料
 主としてAAPTの年次講演会
アクセス公開
 ヒット数の経緯
  国別のアクセス数順位
  ブラウザのシェア
  検索エンジンのシェア
日本文化の紹介
和訳・日本文化の紹介
世界の文化(祭り)
世界各国のドメイン名
 世界の国名、国旗と由来
 国名で探す
 英字国名で探す
バリアフリーについて
面白いサイト
面白い言葉
私のウイルス予防方法
スパム紹介・ジョーク
 (私のスパム対策)

建設用語中辞典(英仏独和) | 建設関連官庁等 | 県別自治体リンク(50音別も) | 作者のページ | お問合わせ

 ここに紹介するのは、大変な苦労をして探しあてた、とある団子やさんの店先に何気なくおいてあるパンフレット類を家内が手にとって持ち帰ったものを数日たって見て、その内容に驚いて、これは年輩の多分、60才以上の人には興味深い内容だと思い、ここに掲載するものです。ご年輩の方を想定して、文字を大きくしてあります。内容は、私のタイプミスが無ければ送りがなも含めて原文のままです。

日本の滅亡はいかにして救われしか

鈴木 一

○ まえがき
 「波濤」の編集子から“父の思い出”を書くよう最初に手紙でご依頼を受けたのであるが、私はこの題名の下では書くことをご辞退したのである。
 理由は鈴木貫太郎について、父としての思い出というものを、果たして読者諸君は期待しておられるのであろうか。
 私は父と子との思い出というものを、鈴木貫太郎の日本歴史における位置づけをよく承知しておられる方々にこそ、語りたいとは思うのであるが、「波濤」という海上自衛隊の若い集団の方々は、本当に終戦の意義を知っておられるのか、私は大にに疑問に思うのであえてご辞退を申出たのである。
 あの敗戦時の広島の原爆の実況もさることながら、東京全都の焼野原もご存じない方々に、戦争の惨禍をどんなに説いても身をもって体験しないかぎりそれは無理であろう。日本が滅亡するか生き残るかという切迫感を、今これらの方々に再現することはとても不可能と思われる。事実昭和20年8月は、かつてローマ帝国に滅ぼされたカルタゴのごとく、一億玉砕を本当に覚悟せしめられていたのである。
 この時点における内閣総理大臣の心境を語ることは、今思い出しても肌に粟を生ずる思いがする。この父を語る前に、父の一生を最も短い言葉で綴った一文を紹介しよう。

○ 父貫太郎の一生 二千余年の日本歴史に、いまだかつて経験したことのない日本本土の焦土化しつつある最中に、いわば日本民族が滅亡するか、残るかという、その死活の運命を託されて内閣総理大臣の大命を拝した父は、日本歴史上まれに見る悲劇の人物であったと言わねばならない。
 父の生まれた慶応3年といえば、明治元年の前年である。明治維新の動乱と同時に生を享けた父は、日本歴史の最も波乱の多い一世紀を象徴している人物といっても過言ではあるまい。元来父は、海軍々人として終わるべきはずであった。日清、日露の両戦役には、あるいは水雷艇の艇長として威海衛の敵港深く突入し、あるいは駆逐艦司令として日本海々戦に敵艦2隻を撃沈し、水雷戦術の第一人者という折紙をつけられたが、不思議にも武運に恵まれて身に一弾も受けず、部下にも戦死者を出していない。
 やがて海軍々人最高の栄誉たる軍令部長を歴任中、全く思いもよらぬ侍従長の任命を受け、今上陛下の側近に奉仕することとなった。青年将校を中心とする国家革新の機運の騒然たるさ中である。
 果たして、昭和11年2月26日、いわゆる二・二六事件に遭遇し、反乱軍伍長の撃った3弾は、眉間、心臓、睾丸と急所を突いたが奇跡の連続で一名を取りとめ得たのは、正に終戦の大業に当たらしめんとの天のたくめる配慮としか思われない。
 軍人は政治に関与すべからず、これが父の信条であった。父は文字どおり政治は大きらいであった。かって海軍最大の疑獄事件たるシーメンス事件を処理するため、最も政治色のない人物として海軍次官に抜擢されたときも、料亭や待合での話合いはいっさいやらないことを条件にもちだしたくらいであった。
 昭和20年4月5日、重臣会議は一致して小磯第2次戦時内閣の後継内閣主犯として父を推薦したが、枢密院議長として重臣の一人に参加していた父は、頑として応じないので、木戸内大臣は陛下にじきじきの説得をお願いし、父は“陛下の御前において、自分は生来の武弁であって、政治は全くの素人であること、老齢で耳が聞こえず、重大なる過ちを犯しては申訳ないことを申し上げて、ご辞退したのであるが、陛下の“耳が聞こえなくてもよいからやれよ”との再度のお言葉を拝し、全くいかんともすることができず、ついに大任をお承けしたのだ”とその夜待受けていたわれわれに語ってくれた。
 そのときの悲壮な面持ちは、今でもありありと眼底にあって忘れることはできない。おそらく死生を越えた、ただ陛下の大御心を体し、いかにして日本民族を救うべきかの一念に凝思した高い高い心境であったと思われる。
 4か月の終戦内閣は、口には一億玉砕を唱えなければ、いつクーデターが起こらぬともかぎらない。父の真意はただ一人の閣僚にすら打明けることができないという苦しい月日がたっていった。日ごろ自分は旗振りであると自認していたとおり、原子爆弾とソ連の参戦の報を手にするや、一気呵成にご聖断方式によって、さしもの終戦の大業は成就したのである。
 世になぜもと早く終戦にできなかったという人がある。多少の波瀾はあったが、大局的に見て一糸乱れぬ終戦にもちこみ得たのは、この時機を正に捕えたからにほかならない。早きに過ぐれば、必ずや陸軍によるクーデターとなり、遅きに過ぐれば、38度線による南北二つの日本ができていたであろう。幸いにして陛下とともに日本民族は滅亡を免れたのである。
 しかし、八月15日早朝、国を売った鈴木総理を殺せといって、兵隊の襲撃を受け、わずか1・2分の差で身をもって難を免れ、悲劇の主人公の大団円とはならなかったのである。そして昭和23年4月17日、“永遠の平和”の一語を残して郷里関宿の自邸に眠るがごとき大往生を遂げた。“大勇院殿尽忠孝徳日貫大居士”の戒名は、かって座右の銘とした奉公十則の内に“驕慢なるべからず”の一条があるが、あえて自らこの戒名を書き遺していった父の自信のほども偲ばれる次第である。享年82歳。菩提寺千葉県関宿の実相寺に葬る。

○ 日本の滅亡はいかにして救われたか
 人の運命程図り知れぬものはない。二・二六事件によって眉間と心臓と睾丸という急所に3弾を受けて、奇跡的に助かったものが、日本歴史始まって以来の国難に、最後の首相の大命を拝して、そして陛下のご聖断をお願いするという前代未聞の方法によって、一億玉砕から日本を救うことができたのである。大命降下した昭和20年4月5日の夜半“自分は軍人は政治に関与すべからずとの明治陛下のご意図を体して、武人としてやってきたものであって、全く政治というものを知らない。そのうえに老齢で耳が遠く、陛下の大事なお言葉も聞き漏らすことがあるやも知れぬ”と申し上げて、2度まで大命を拝辞したのであるが、陛下は“政治を知らなくともよい、耳が来来なくともよいからやれよ”との再度のお言葉にとうとうこのようなことになったのだと語る困り果てた父を前にして、私は一晩眠らずに考えざるを得なかった。思うに父はこのとき程死ぬことは易く、生きることの難しさを痛感したことはあるまい。
 父はかねてより、満州事変以来出先の軍部が統帥に従わず、勝手に戦線を拡大していくことが、最大の癌だと申していたので、大命を拝した以上統帥権の確立について何らかの手を打つに違いない。さすれば、青年将校による暗殺は必至である。しかし、親子の関係を度外視して今はこの日本最後の人物の生命を守らねばならぬ。しかし、これを他人に頼むことはできない。今は山林局長の職を辞して自ら首相の楯となって青年将校の銃口の前にたつべし、との結論に到達したのである。
 そこで総理大臣秘書官となって首相の陰のごとく、いかなるときでも直ちに父の前に飛び出せる態勢に専念したのであった。果たせるかな、8月15日国を売ったバドリオ*を倒せとの青年将校の襲撃により、自宅は焼かれたが、1・2分の差で難を免れ得たのは幸いであった。
 父は4月7日組閣を完了してその第一声を国民に送ったが、その中に“行け一億よ余の屍を越えて”という文句がある。79歳の老宰相が陣頭に立って聖戦完遂を誓う激励の言葉としかとれない一語であるが、実はその中に、終戦の大業を果たすためには売国奴の汚名をも甘んじて受けねばならぬ。あるいは一部国民に足で屍を踏みにじられるかも知れないという悲壮な決意が入っていたのであった。
 当時休戦とか講和とか和平とか終戦とか一語でも言おうものなら、クーデターは必至であった。されば閣僚の誰一人に対しても、あくまで戦うの一点ばりで押し通したのは当然であった。7月26日ポツダム宣言が発せられ、8月6日に広島に原爆が投下され、8月9日にソ連参戦の報を耳にして“いよいよ来るものがきましたね”と一気に終戦工作に驀進したのである。しかし、一億玉砕、国体護持を主張する軍部をして全面降伏を呑ませることは至難中の至難である。閣議は延々と続く一方、最高戦争指導会議も激論に明け暮れ、8月9日の深夜の異例の御前会議となるのである。
 従来御前会議といえば、事前に一切の手筈を整えて陛下の御臨席を仰ぎ原案たる文書を読み上げて、一、二の質疑応答のうえ満場一致の形をとって終わるという、いわば式典のようなものである。それが突如として事務当局のお膳立てを全く除外して、原案もないまま御前会議となったのである。
 首相、外務大臣、陸・海軍両大臣、陸軍参謀総長、海軍々令総長、そして枢密院議長を加えて7名が正メンバーとして陛下の御前に列席し、まず、東郷外務大臣からポツダム宣言を受諾することを可とする旨の意見の開陳があり、これに大して阿南陸軍大臣から、尚我に戦力ある以上あくまで戦わねばならない旨の主戦論が展開され、米内海軍大臣と平沼枢密院議長は東郷説、梅津陸軍、豊田海軍の両総長は共に阿南説、議論の尽くるところを知らぬ間に首相は立って御前に進み、陛下のご聖断をもってこの会議を決定したい旨を奏上したのである。そこで陛下は“自分は東郷外務大臣の説に賛成である。念のためにその理由を申し述べよう“と仰せられて諄々としてお言葉があったのである。そのお言葉こそそのまま終戦の詔勅(玉音放送)となって、一般国民にお示しになられたのであってまことに拝読するものをして言々句々その肺腑を抉られるものがある。十余時間に及ぶ続行中の閣議は、ここにご聖断をもって閣議決定をしたい旨の首相の発言によって一決し、直ちにポツダム宣言受諾の電報を発することとなった。外務省の原案は“天皇の国法上の地位を変更しおらざることの了解の下に“受諾すると言うことであったのを、平沼議長の強い意見によって“天皇の国家統治の大権云々”と改めたために、今度は米英側で大論争となり、遂に回答が13日までかかるに至ったうえに、“天皇及び政府は連合軍最高司令官の制限の下に置かれる“という条件が付いたので、ここで国体護持派すなわち主戦論者の陸軍側に反対が起こり、閣議も最高戦争指導会議も遂に結論を得ざるに至ったのである。14日午前陛下からのお召しにより、閣僚全員と最高戦争指導会議関係者一同は再び宮中地下防空壕に参集し、再度のご聖断が下ったのである。
 このとき陛下は、第1回の御前会議のときと同じようなお言葉があり特にマイクの前に立とうとまで言われたのである。国の運命をかけたこの一瞬、参列者は声を上げて泣き伏したといわれる。
 かくして日本の国は滅亡を免れ、25年にして自由世界第2の大国となったのであるが、この聖断方式を考え出したのは誰か。これこそ8年間侍従長として側近に奉仕し、陛下のお気持を最もよく知り尽くしていた父首相の、最後の切札であったのである。
 ここで父の述懐談をご披露しておきたい。世に陛下のご聖断によって救われたというが、それならば開戦のときはいかに。日本を戦争に投入せしめたご責任は陛下にあるのではないかというが、法理上のご責任は陛下にはないのである。旧憲法では“天皇は新姓にして犯すべからず”とあって、いわゆる天皇無責任論を規定してあった。すなわち一切は憲法の諸機関の決定したものを、陛下はただ裁下されるだけであって、これに対する拒絶権はないことになっている。故に陛下はどんなにご不満があつても、手続きに過ちがなければ裁可されねばならないのである。もし、気に向かないからといって裁可しないでよいということになると、これは専制君主制となって、もはや立憲君主制ではないことになるのである。
 今までに陛下が自ら責任をとって国の運命を決定せられた場合が二度ある。一度は、二・二六事件の際、時の岡田首相は暗殺されたと報ぜられ、内閣の機構が動かなくなった折“反乱軍を討伐せよ”とご命令になって、初めて陸軍首脳は決心がきまったのであった。そして二度が終戦のときのご聖断である。陛下の思召しを伺い、それをもって政府の決定とする方式がそれである。残念ながら開戦の時はこの方式がとられなかったのである。
 現に開戦を決する御前会議は、昭和16年9月6日近衛首相のときに開かれている。このときは前日の5日に近衛首相が参内して、明日の会議の議題についてご説明申し上げたのであるが、その国策決定要項には、
 帝国は自存自衛を全うする為、対米(英、蘭)戦争を辞せざる決意の下に概ね10月下旬を目途とし戦争準備を完遂す。
 帝国は右に並行して米英に対し外交の手段を尽くして帝国の要求貫徹に努む。対米(英)交渉に於て帝国の達成すべき最小限度の要求事項並びに之に関連し帝国の約諾し得る限度は別紙の如し。
 前号外交々渉に依り10月上旬頃に至るも尚我要求を貫徹し得る目途なき場合に於ては直ちに対米(英蘭)開戦を決意す。
というものであったが、これをご覧になった陛下は非常に驚かれ、これでは戦争が主で外交が従ではないか。あくまで外交々渉を主にすべきであると強くお諭しがあったので、近衛首相は直ちに陸・海軍総長を御前に出るように取計らい、両総長も陛下の仰せられるとおりである旨をお答えし、翌6日の御前会議が開かれたのである。
 原案の朗読の後、原枢密院議長から陛下のお気持を体して、外交が主でそのやむを得ざる場合に開戦を決意する旨の意味と解するがいかにとの質問があって、及川海軍大臣は然る旨をお答えしたのであるが、前日のこともあり、両総長から何らの弁明なきを非常に不満に感ぜられ、自ら明治陛下の御製“よもの海みなはらからと思う世になど波風のたちさわぐらむ”をお示しになり、あくまで外交々渉によるべき旨を諭されたのであるが、遂に原議長の文意解釈にとどまり字句の修正のなかったために、この原案はそのまま決定裁可され、軍部末端に伝達。12月8日真珠湾攻撃は実にこのときに決まったのである。
 死を賭してご聖断を仰ぎ、国の運命を決する途あるを初めて終戦後知った近衛首相は、若しあのとき終戦と同じ方式をとっていたらと責任を痛感され、国際裁判の呼び出しを前にあえて毒を仰がれたのであろうと父は語ったのである。

(東京穀物商品取引所理事長)

*バドリオ:イタリアのムッソリーニ亡きあと、首相として連合軍に対して無条件降伏に持ち込んだイタリアの軍人で、鈴木貫太郎とよく似た立場の人物です。

 私は当時、9才でしたが、一億玉砕が叫ばれたとき、“君に忠に親に孝に”の父母は、自害の決意をして、私に、「お前を殺して私も死ぬがいいか」、と尋ねたものです。そのとき、私は、「いや僕は山の中に逃げる」と言って父母を呆然たらしめたのでした。その夜から、山深く、穴を掘って、ときに近づく米兵をやっつける夢を見たものです。
 誰しも戦況があれほどになれば、敗戦は免れぬことは分かりすぎるほど分かっていたでしょう。ただ、外国と戦争して負けた経験のない日本人は、敗戦、即、民族の滅亡と信じていました。フランスなどをよく見れば、戦争には負けてばかりのくせに、ちゃんと大国としてアメリカとも対等にものを言っているのですが。
 でも有識者も居て、終戦の数ヶ月くらい前でしょうか、父の友人が用もないのに来て、「この戦争は負けますよ。だけど大丈夫。アメリカはひどいことはしない。」と暗に早まったことをするな、という意味のことを母に言って立ち去ったそうです。当時とすれば正に国賊ですが、信のおける友人として言ったものでしょう。
 多分、主戦論者といえども、そうしたことは分かってはいたはずだと思います。成り行きで引っ込みのつかぬ状態に追い込まれていたのでしょう。結局、鈴木貫太郎を首相として押し立てたには、ひそかに幕引きを願っていた彼らの意向もあったのでは、と思います。
 玉音放送はラジオの雑音がひどく、子供にはちんぷんかんぷんでしたが、時機と声の調子、一番は大人たちの態度ですが、何となくわかりました。